【華厳の滝】高校生男女投身自殺 遺体回収費用300万円

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【華厳の滝】高校生投身自殺相次ぐ 遺体回収費用300万円

●【犯行日時】 2019年8月末?

※「司法解剖」=死後1カ月以上

●【事故現場】 ・【滝】華厳の滝付近

・【住所】栃木県日光市中宮祠

●【事故内容】 ・男子高校生が滝で「飛び降り自殺」
●【被害者】 ・男子高校生(当時17才)

・【住所】埼玉県草加市

・【死因】全身強打による多発外傷

 

埼玉県警

●男子高校生の「家族」から

「行方不明届」

 

栃木県警日光署

 

遺体発見

●「2019年9月1日」

「栃木県警のヘリコプター」が

「滝上部」から約60m下の岩場で

遺体発見

●【身長】 約170cm
●【服装】 ・ポロシャツ(黒)+半ズボン

・【靴】スニーカー(黒)

 

遺体収容

●「2019年10日4日」

遺体収容

※遺体収容が困難な場所の為、

重機導入

●「2019年10月10日」発表

「収容された遺体」の

「身元確認が済んだ」

 

遺体収容費用「約300万円」

●民間業者の「大型クレーン」 3台?
●約75人で引き上げ作業 ・「栃木県警機動隊」
・「土木作業員」

※「2002年」「2003年」にも同様のケースで実施

・収容費用が、

「遺族に請求」される

 

【15才女子高生】華厳の滝「飛び降り自殺」

●【発生日時】 2019年8月末頃

※「司法解剖」=「死後10日経過」

●【事故現場】 ・【滝】華厳の滝付近

・【住所】栃木県日光市中宮祠

●【事故内容】 ・女子高校生が滝で「飛び降り自殺」
●【被害者】 ・女子高校生(15才)

・【住所】埼玉県さいたま市

・【容体】死亡(全身の骨折)

 

「遺体発見」の通報

●「2019年9月9日」

現場付近の「発電会社」が

「死体のようだ」と110番通報

●「2019年9月10日」

「華厳の滝」下流の「大谷川」で

遺体収容?

●「2019年9月18日」身元判明

 

●この事件は非常に印象に残っています。
●「息子を失い」「300万円請求」される「ご両親」の事を思うと・・・
●別々に報道されていますが、共通点が多いのですね。
「時期」「埼玉県」「高校生」

 

【無料相談】

 

【心理相談】

【少年鑑別所】一般市民に無料でオンライン相談受付 引きこもり当事者も可
【少年鑑別所】一般市民に無料でオンライン相談受付 引きこもり当事者も可 「心理検査」「心理教育」「カウンセリング」etc.   日頃の業務で培った「ノウハウ」を生かし、   「子供にまつわる問題」に対応する為、   【...

コメント

タイトルとURLをコピーしました